夫婦で協力し合ってEDを乗り越えよう

年の差カップルの間にも、EDの問題は訪れてくるでしょう。

普通に年齢差による肉体の相性の課題もあるのでしょうが、男性は年下の彼女に対する年齢的な引け目も感じているせいで性行為の時にプレッシャーを感じている可能性もあり得ます。

夜の営みは夫婦仲を良好に保つには不可欠の要素と言っていいですから、そんな些細な問題でもできるだけ早めに解消しておくに越したことはありません。

ある夫婦のケースでは、その年齢差は親子ほどにも離れていて妻の方はまだ20代という若さで夫の方は40台を超えいていましたが、このケースでもセックスではすれ違いも起きやすいですね。

女性も相手は肉体的に衰えが着始めていることをよく納得したうえで結婚したのでしょうが、それでも中折れや勃起不全が頻繁に続くと若い欲求が満足できないことからのストレスが溜まっていくはずです。

それほど年齢に差があっても結婚するくらいですからそれだけ深い愛情があるとも考えられますが、性生活の面ではそれだけではカバーしきれないところも出てくるでしょう。

EDの改善は夫婦での協力が欠かせませんし、一度目の前の問題について二人でよく話し合ってみる機会を設けるのが先決だと思います。

パートナーの協力があれば、EDの原因になっていると考えられる食生活面や睡眠環境、生活リズムなど二人で解決しあえる問題も多いですし、それによって精神的なつながりもより深くなることが期待でs木ます。

食生活でいえば必須アミノ酸のバランスが取れているのが男性の元気のもとですが時々サプリメントも活用しながら、奥さんにレシピを工夫してもらうのが良いですね。

食生活面では、料理に慣れている妻の方が詳しいですし、料理が苦手だったり、普段は働きに出ていて忙しい人でも、食事の面だけでもパートナーの助けがあるというのは大きいでしょう。